利用方法・料金

利用方法 デイサービスセンター、ショートステイ、ヘルパー

1
ご利用者、ご家族の利用希望

2
担当ケアマネージャーへ希望申し込み

3
各担当者がケアマネージャーと共に事前訪問

4
アセスメントを元に介護計画作成

担当職員に報告、全体把握

5
利用開始

利用方法 (訪問給食)

1
本人または家族の依頼を受け在宅介護支援センターの相談員が市に申請書を提出

2
認可がおりたら担当スタッフがお宅に行き事前調査を行う

事前調査では、食事内容・配達方法などをお聞きします

3
利用開始

<問い合わせ窓口 在宅介護支援センター 担当:鈴木 まで>

要支援・要介護認定の申請手順

1
申請

四日市市役所介護高齢福祉課認定審査係や各地区市民センターの窓口、もしくは在宅介護支援センターで代行申請ができます。

2
認定審査

市の調査員が自宅に伺い、お体の状態など74項目の聞き取り調査があります。

主治医の意見書
かかりつけ医に意見書を書いてもらいます。

3
審査判定

調査員による調査結果と主治医意見書をもとに、どの程度の支援・介護が必要かを公平に審査し、7段階に分けて要支援・要介護の判定を行います。

4
認定結果の通知

申請から約30日後に自宅へ郵送で介護保険証が届きます。認定には半年から2年の有効期限があり、介護保険サービスを継続して利用する場合は更新申請が必要です。また状態が変わったらいつでも変更申請が出来ます。

5
介護サービス計画・介護予防サービス計画の作成

要介護1~5の認定を受けた人は、居宅介護支援事業所に依頼して利用するサービスを決め、介護サービス計画を作成してもらいます。
要支援1・2の認定を受けた人は地域包括支援センターで介護予防サービス計画を作成します。
計画を作成する費用に利用者負担はありません。

6
介護サービス・介護予防サービスの利用

介護サービス計画・介護予防サービス計画に基づき、サービスの利用申し込み、契約を行いサービスを利用。

<問い合わせ窓口 在宅介護支援センター 担当:鈴木 まで>

料金

デイサービス ( 内訳詳細はこちら )

要介護1の場合
(1日につき)
(介護保険料 約849円 + 昼食代 640円)
※別途行事費等あり
合計1,489円
要介護5の場合
(1日につき)
(介護保険料 約1,351円 + 昼食代 640円)
※別途行事費等あり
合計1,991円
要支援1の場合
(1ヶ月につき)
週1回利用 介護保険料  約2,643円
要支援2の場合
(1ヶ月につき)
週2回利用 介護保険料  約4,812円

※各種加算あり

ショートステイ ( 内訳詳細はこちら )

要介護1の場合
(1日につき)
(介護保険料 約763円 + 居室料 1,970円 + 食費 1,380円) 合計4,113円
要介護5の場合
(1日につき)
(介護保険料 約1,046円 + 居室料 1,970円 + 食費 1,380円) 合計4,396円
要支援1の場合
(1日につき)
(介護保険料 約579円 + 居室料 1,970円 + 食費 1,380円) 合計3,929円

※各種加算あり

ヘルパー ( 内訳詳細はこちら )

要介護1~5の場合 生活介助 236/時間未満
身体介助 404/時間
要支援1、2 週1回 1226単位

訪問給食

四日市市の補助対象の場合 500円
四日市市の補助対象外の場合 650円

LINEで送る

ハピネスやさと

TEL:059-366-3301
午前8:30~午後5:30(年中無休)
hapinesu@apatheia.jp E-mail

高齢者施設
アパティア長島苑
あおい
ひなた
ほまれ
ベイサイド長島
たんとんとん
ハピネスやさと
せんりょう万両
児童福祉施設
エスペランス四日市
エスペランス桑名
悠(はるか)
つばさ
はなまる保育所
障害者施設
シンシア豊川
医療法人
桑名歯科
桑名クリニック

このページの先頭に戻る