施設長挨拶・職員紹介

施設長 寺部 美代子

寺部 美代子

シンシア豊川は、平成9年8月に愛知県豊川市に知的障害者入所更生施設として50名定員で開所しました。法律・制度が変遷する中、地域にない資源を創出し先駆的に様々な事業を実施、発信しながら、現在では平成25年度より障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に基づき、障害者支援施設シンシア豊川、生活介護事業所パレット、相談支援事業所シンシア豊川を運営しております。

障害者支援施設シンシア豊川は、主に知的障がいのご利用者80名が生活されています。生活介護事業所パレットは、地域にお住いの障がいを持った方を対象に1日20名の定員でサービスを提供しています。どちらもご利用者の生活や活動の支援(できるところはご自分でしていただけるように、できないところを支援させていただくように)をさせていただいております。相談支援事業所は、地域・入所ご利用者の相談を受け付け、ご利用者に必要なサービスの紹介、生活や制度の相談、24年度からはサービス等利用計画の作成等をしております。

障害者総合支援法では、ご本人の思い、ご家族の思いを尊重し、障害福祉サービスを必要とされるご利用者一人一人に「サービス等利用計画」を作成し、ご利用者お一人お一人がどのような生活を送りたいのかをみんなで考え実現に向けてサービスを提供する時代になりました。

まだこの取り組みは、始まったばかりです。従来の入所支援から、ご利用者お一人お一人がどのような生活を望まれているのか、地域の障がいをお持ちの方がどのような生活を望まれるのか、職員一同ご利用者と向き合いながら、ご利用者の声を伺い、言葉にできない思いを感じ取り、ご利用者お一人お一人が「なりたい自分」になれるように支援させていただきます。何気ない会話、ご利用者のいつもの生活、ご利用者の行動から、真のニーズにたどり着くまで、「すべての人を尊重し、共感をもって寄り添い、支える。」法人の基本理念のもとに、誠実に支援させていただきます。

障害者支援施設・短期入所事業・日中一時支援事業 職員紹介

生活支援員 安藤有生
生活支援員 安藤有生

障害者支援施設で働いてみようと思ったきっかけは?

小学校の頃に出会った特別支援学級の先生にあこがれ、障がいを持たれる方と関わる仕事に就きたいと思っていました。大学で障がい児教育を学ぶうち、自分は障がいを持たれる方の暮らしを支援する立場で関わっていきたいなと思ったため、障害者支援施設を希望しました。
障がいを持たれる方の暮らしを支援する職場を探している時に、まず頭に浮かんだのが入所施設でした。その中で、自分が通勤できる入所施設を見学していく中で、シンシア豊川のご利用者はどこの施設よりも元気で明るいことが印象的でした。また、iPadを活用しながらご利用者一人ひとりの支援を行っているというのも新しいなという印象がありました。そのため、こんなにご利用者が元気で明るい職場だったら、自分も働きながら元気で楽しく仕事ができて、学べることも多いんじゃないかなと感じ、就職しようと決めました。就職するにあたっては、この仕事はそんなに甘いものではないと思っていましたが、やはりご利用者一人ひとりの支援の違いに戸惑うなど、壁にぶつかることがあります。しかし、ご利用者の明るい笑顔で元気をもらえること、また先輩職員が優しく丁寧にアドバイスや協力をしてくださることで、日々多くのことを学び、楽しく働かせていただくことができ、ありがたいです。

生活支援員 岡本聖子
生活支援員 岡本聖子

シンシア豊川に就職してみてどうでしたか?

思い起こせば、シンシア豊川の厨房のお姉さんだった私が、生活支援員となり長い年月が経ちました。厨房から目にしていた生活支援員の姿に憧れ、「シンシア豊川の生活支援員として働きたい!!今以上にご利用者と接したい」という思いを抑えきれず飛び込んだ世界は、想像していた以上に、日々の変化があり、様々な事が起こります。ご利用者の気持ちを充分に受け止める事が出来ず、自己嫌悪に陥ってしまう時、障害特性が理解できず迷ってしまう時など、けっして楽しい事ばかりではありませんが、後悔はしていません。純粋な心をお持ちのご利用者と毎日接する事の出来るシンシア豊川は、私にとって、働き甲斐のある、魅力的な世界です。

サービス管理責任者 寺田圭一
サービス管理責任者 寺田圭一

働いていて、どんなときにやりがいを感じましたか?

シンシア豊川に就職してから、スポーツフェスティバル、クリスマス会、年末年始のお楽しみなど、様々な行事の企画を提案し実行してきました。企画の概要のアイデアは比較的簡単に出るのですが、ご利用者の障害特性に合わせたプログラムの検討や移動手段を考えるのがとても困難で苦労します。そんな中、企画チーム職員で「これ良いよね」「これ、難しいんじゃない」と様々な意見を出し合い作り上げていきます。時にはバトルなんかも(笑)。とても大変ですが、行事が終わった後にご利用者から「楽しかったよ」「ありがとね」との声を聞くと、自分たちもやって良かったな、と清々しい気分になります。ご利用者が今以上に楽しく生活できるようなシンシア豊川になるように、これからも努めていこうと思います!

サービス管理責任者 清水哉千子
サービス管理責任者 清水哉千子

今も心に残っている、1番話したいエピソードは?

シンシア豊川の開設と同時に入職をしました。最近は、ご利用者をみて自分と同じように「年を取ったなあ。疲れやすくなったかな」「歩き方が以前と違うけど大丈夫かな」などと感じる場面も増えてきました。
ご利用者との思い出は数えきれない程あります。ありきたりかもしれませんが、笑顔と「ありがとね」の言葉が印象に残っている方が何人かみえます。頼まれた物を手渡した瞬間、何か活動を終えて片づけている時、病院にお見舞いに行って帰る時など、それぞれに場面は違いますが、にっこり笑って「ありがとね」と言ってくださいました。言葉がない方もみえますが、私には心の声が聞こえました。
―ありがとう―。美しい言葉だなと思います。日常のなかで、当たり前に言うことができる、そんな生き方ができたら素敵だなと思っています。心が尖ってしまい、難しいと感じる日もあります。意識していかなくては。そういう意味では、彼らは私の先生なのです。

生活支援員 和田みか
生活支援員 和田みか

10年後、どこでどんなふうになっていると思いますか。

いま、毎日、忙しく走ったり、困ったりすることもあるけれど、笑って過ごせる時間が楽しく、幸せに思っています。10年後も、今と変わらず、ここ、シンシア豊川で、ご利用者と職員と一緒に毎日笑って過ごしていたいと思います。天気のいい日は中庭で、ゆったりカフェタイム!!
ご利用者と共に過ごす、これからの10年の時間。様々な経験によって、よりご利用者の気持ちを代弁できるようになっていたいと思います。

生活介護事業パレット 職員紹介

生活介護事業パレット 職員紹介

安全運転第一!送迎車ご利用希望の方はご相談ください。

生活介護事業パレット 職員紹介

頼れる看護師が常勤しています。ご利用者の体調や気分の確認をしたり、吸引、導尿、胃瘻など医療的ケアを丁寧に対応します。

生活介護事業パレット 職員紹介

支援にご利用者の皆さんに楽しく充実した一日を過ごしていただくことができるよう、明るく!楽しく!優しい!スタッフチームで支援させて頂きます。

共同生活援助事業 グループホームスクラム 職員紹介

共同生活援助事業 グループホームスクラム 職員紹介

グループホームスクラムの職員は
主に、ご入居者の食事の世話や洗濯・掃除をする世話人と
主に、ご入居者の介助や相談にのる生活支援員がいます。
また、本体施設(シンシア豊川)の医療スタッフの協力もあり
安心安全な日々をおくることが出来ます。

職員一同、ご入居者ひとりひとりの生活を
こまかにつぶさに見させていただき
満足いただける充実した地域生活の提供に努めております。

LINEで送る

シンシア豊川

shinshia@apatheia.jp E-mail

自然栽培パーティ

高齢者施設
アパティア長島苑
あおい
ひなた
ほまれ
ベイサイド長島
たんとんとん
ハピネスやさと
せんりょう万両
児童福祉施設
エスペランス四日市
エスペランス桑名
悠(はるか)
つばさ
はなまる保育所
障害者施設
シンシア豊川
医療法人
桑名歯科
桑名クリニック
ひらお歯科

このページの先頭に戻る