特別養護老人ホーム せんりょう万両 RECRUITING SITE 2017

私が伸びる。人の役に立つ。

理念

これまでの紡ぎ続けたおひとりおひとりの人生をこれからも紡ぎ続けられるようお手伝いします。専(せん)のちからと満(まん)の心で、皆様の暮らしをおまもりします。

女性イメージ
私たちにはそれぞれ誕生からこれまでの人生の歴史があります。 私たちが過ごしてきた日々の暮らしがあります。 それは、糸を紡ぐようにずっと続いていくものだと思います。 今まで紡ぎ続けた人生や暮らしを断ちきっては 私たちを語ることはできません。 私たちの生き甲斐も私たちの誇りも 私たちが大事にしてきた心の支えもすべてつながっているからです。 ご入居の皆様のこれまでの暮らしがそのまま、その人らしく これからもずっと紡ぎ続けられるよう、 私たち職員は、平成7年の当法人高齢者施設オープンより、 これまで培った介護の専門的な技術と細やかな心配りで ご入居いただいた皆様の暮らしの継続をお手伝いさせていただきます。

人材育成について

男性イメージ

「信じて任せる」

これが、私の人材育成として一番意識している言葉であり、その人の力を伸ばす最善の方法であると思っています。 そういう私も「信じて任せる」ことは苦手でした。 人を育てるというのは、容易なことではありません。容易ではないというのは、自分の思うようにいかないという気持ちでした。自分の意図した思いが相手に伝わらなかったり、もっとこうしたほうが良いのにという独りよがりになったりするときがありました。 ただ、個人の力では限界があることを実感したことがあります。居宅介護の仕事をしている当時、その人にとって一番のヘルパーになると決意し、自分自身の技術と知識の向上を図っていました。 実際にお宅へ訪問して介護をして、そのようになったと自負していたのですが、24時間365日介護することの限界を感じました。何とかその人のために、介護をしたいとは思いましたが、24時間365日働くことはできませんでした。また、無理をして私が体調を崩してしまうことで、その人の生活自体が息詰まることもありました。私がいくら頑張っても、その人の幸せにはつながらないと痛感をしました。そのような経験もあり、人を幸せにするためには、私以外の人を育てることが重要だと実感しました。そこから、人を育てることが一番の仕事だと思うようになりました。 そのために、まず、自分自身が変わらなければいけないと思いました。人それぞれ違って当たり前だという点と、人それぞれに大切にしていることは違うという点です。その中で、私自身が大切にしたことは、どの人も必ず成長をするという事実です。人によっては、急速に成長を遂げる人もいれば、徐々に成長をする人もいます。大事なことは、周りと比較することではなく、その人の「過去」「今」「未来」を見ることであると思います。そこで初めてその人に合った成長を見出していくことができます。

「得意なこと」を見つける

二つ目として、成長を促すために、その人の「得意なこと」「良いところ」を見つけるようにしています。どの人にも、必ず得意なことがあります。苦手なことを克服することより、得意なことを活かすことのほうが、仕事が楽しく、はかどり、アイデアも生まれてきます。

秘めた可能性を広げる

三つ目は、可能性を広げることです。自分でも気づかない可能性は誰にでも秘めています。ここで、チームの力が出てきます。チームの中で、それぞれ得意なことを活かした役割を持ち、切磋琢磨することで、チームの力は上がっていきます。チームの力が上がると、個人としても、思いがけない成長を遂げていくことがあります。それが可能性です。一度、その可能性に気づいたときには、その人はさらなる成長を自ら遂げていくことになります。 「信じて任せる」ためには、協力をしていこうと思います。あくまでも主役はその人です。任せた仕事に対して協力することで、成功を積み重ねやすくなります。また、成果が分かる目標作りの手伝いもしていこうと思います。目に見えて成果が分かるというのは成長した実感へつながります。小さな成功体験をいくつも実感することで、いずれ大きな人材へ成長することにつながります。

個人の成長に期待

最後に、個人の成長にも期待します。仕事ばかりしていても成長は限られています。そのためにも、プライベートの時間も充実させてもらいたいと思っています。遊びから経験することも多くあります。大切なことは「本物」に触れるという点です。どんな経験でも人生には必ず活きてきます。ただ、「本物」を経験することが、個人の成長を加速させる起爆剤にもなります。是非とも、仕事だけでなく、プライベートの時間も大切にして、人生を楽しんでいただきたいと思います。

事業概要

運営法人 社会福祉法人アパティア福祉会
代表 理事長 桑名 良輔
法人所在地 〒511-1143 三重県桑名市長島町西外面1070番地
法人連絡先 TEL:0594-42-1600  FAX:0594-42-2701
e-mail nagashimaen@apatheia.jp
施設名 特別養護老人ホーム せんりょう万両
住所 〒442-0001 愛知県豊川市千両町上西ノ谷75番地1
開所日 平成30年4月1日
連絡先 TEL:0533-83-9083  FAX:0533-89-0280
e-mail senman@apatheia.jp
定員 100名(10ユニット×10名)
施設規模 敷地面積 2,997㎡ 延床面積 4,300㎡ 鉄筋コンクリート造または鉄骨造3階建
協力医療機関 豊川市民病院
事業所内保育所 らら
職員配置
施設長
1名
嘱託医
1名
生活支援員
98名(うちユニットリーダー10名)
看護職員
3名
生活相談員
1名
機能訓練指導員
1名
栄養士
1名
介護支援専門員
1名
事務員
1名
保育所職員
4名(うち保育士資格者2名)
施設理念 これまでの紡ぎ続けたおひとりおひとりの人生を これからも紡ぎ続けられるようお手伝いします。 専(せん)のちからと満(まん)の心で、皆様の暮らしをおまもりします。
施設の特徴
  • 高い介護技術力
  • 職員研修、QC活動による積極的な人財育成
  • 職員のユニットケアに対する高い本質的理解
  • 充実した口腔ケアによる食生活の継続
  • 職員の日本文化、風習、マナー熟知
  • 情報共有のICT化
コンセプト
  • 一緒に作り、一緒に食べる
  • 事業所内保育所の併設 ・働く母親だけでなく、働く父親も支援
  • 選べる看取り ・ご家族が簡易ベッド等を持ち込んで、宿泊できるようにする等、その方らしい最期を迎えられるようにする
  • 豊川市への地域貢献 ・「こども110番の家」への協力 ・子育て応援企業への登録 ・出張講座の実施等、地域での公益的活動の実施
  • 職員サークル活動の実施 ・フットサルサークル等、職員交流を深める活動
  • 建物の設え ・例えば、玄関や食卓の照明ひとつにも、モノには意味があるということを追求していく