施設長挨拶・職員紹介

施設長 岩田 啓志

image2

昨今の目まぐるしく移り変わる社会情勢の中で、多くの方が回避できぬ高齢化問題に、私達福祉の現場に携わる者は、常に大きな影響を受けています。福祉制度の中心であった措置制度は平成12年度から介護保険という契約制度となり、近年は福祉施設の急増化・福祉サービスの多様化に伴い、選ばれる施設作りがこれからの福祉施設には必要とされています。

その中でアパティア長島苑は、従来型の特別養護老人ホームとして平成7年桑名市長島町に当法人初の福祉施設としてスタートしました。また、あおいはアパティア長島苑のサテライトとしてアパティア長島苑から7キロほど離れた同町内に2009年に地域密着型のユニット型施設として開設し、従来型特養・ユニット型特養、それぞれの施設の特長を活かしたサービスを展開し、地域の皆様にご利用頂いております。

特別養護老人ホームは(もう一つの呼び方では介護老人福祉施設です)として今後も創意工夫をして特色のある施設作りを目指し、ご入居者・ご家族様にご満足いただける施設としてまた、地域老人福祉の拠点として貢献して参りたいと考えております。常にご入居者が笑顔でお過ごしいただき、いつまでも生き生きとした生活を送っていただけるよう、元気揃いの職員一同、日々取り組んでいます。

きさらぎユニットリーダー 服部(介護福祉士)

あおいではご入居者お一人おひとりがその人らしく暮らして頂けるよう支援しています。

きさらぎユニットではご入居者に洗濯物たたみやテーブルを拭くなどの役割を持って頂いたり、趣味で塗り絵を楽しんで過ごされているご入居者もみえます。

また、お部屋で一人こもりきりにならないように適宜お部屋へ伺ったり、ご入居者同士の会話に職員も加わり、皆様が笑顔で過ごしていけるようお手伝いをさせて頂いております。

 

やよいユニットリーダー 三木(介護福祉士)

三木亮太

やよいユニットでは、「アットホーム」な雰囲気づくりを目指しています。

笑顔のご入居者、笑顔の職員、いいですよね。
仕事だけど仕事っぽく見せない、他人だけど家族のように。

ご入居者が元気に充実した日々を過ごせるよう職員同士で話し合い、真剣に取り組みをさせて頂きます。

 

さつきユニットリーダー 和波(介護福祉士)

和波拓弥

さつきユニットでは、「日々の暮らしに、笑顔の花を咲かせよう!」を目標に、ご入居者が笑顔で充実した生活を送れるように、日々の支援を行っています。

暮らしの中で様々なことが起こりますが、ご入居者が悩んでいるときは一緒に考え、落ち込んでいるときはそっと寄り添い、楽しいときは一緒に楽しむことでより楽しく!と、ご入居者と職員が一緒に様々な時間を過ごしています。

ご入居者が充実した日々を過ごせるように、職員一同頑張っています。

 

生活相談員 伊藤(社会福祉士)

伊藤真由美

あおいでは、たとえご自宅ではなくても、皆さまの思いを大切にし、その人らしく紡ぎ続けた人生をこれからも送れるようにお手伝いをさせて頂いており、様々な専門的な資格を持った職員が多職種協働でチームケアにあたっております。

と、書くとなんだか難しそうですが、みんなで悩みながら、ご家族様からもご協力を頂き、地域の方々の助けもお借りし、ご入居者と寄り添い笑い合いながら日々を送っています。

介護で相談したい、困っていることがある、介護保険制度について知りたい、ユニットケアってなんだろう、見学だけでもしてみたい など、どんな些細なことでも構いません。

微力ではありますが、そういった方々のお力になれることは、私たちの喜びでもありますし、学びにもつながります。お気軽にお電話頂けたら嬉しいです。

 

介護支援専門員 太田(介護支援専門員・社会福祉士・介護福祉士)

施設に入ると起床時間や食事の時間も決められているんじゃないの?
事由に好きなものを食べられなくなるんじゃないの?
と不安を持たれる方もいるのではないかと思います。

あおいではご入居者お一人おひとりに24時間シートというものを作成しています。
施設に入居してもそれまでの暮らしを継続して頂けるように、朝起きるところから夜寝るまでの24時間の暮らしぶりが書いてあり、
・朝は苦手だから9時ごろに起きます
・朝ごはんはパンとコーヒーがいい
・お風呂のお湯は熱めが好き
・夜は好きな歌番組を観てから寝たい
などご入居者の意向や好みがつまったシートになります。

この24時間シートを基にお一人おひとりがその人らしくイキイキと過ごして頂けるよう、ご入居者の気持ちに寄り添いながら日々の支援をしております。

 

看護職員 藤島(看護師)、森田(看護師)

私たち看護師は、ご入居者の健康維持に努めると共に、安らげる場所を目指して温かい看護を心がけています。

自ら体調不良を訴えることが困難な場合、早期にそれに気づき、迅速に対応できるかは、日々の様子観察やコミュニケーションがとても重要だと考えています。今までの経験や新しい知識も取り入れながら、できる限りの力が発揮できるように多職種協働のチームケアの強みを生かしてケアにあたっています。

穏やかな毎日を過ごしてもらえるようお手伝いをさせて頂きます。

 

機能訓練指導員 西村(理学療法士)

ご入居者のいきいきとした暮らしをサポートするため、生活の中に根ざしたリハビリテーションを提供いたします。ご入居者にどれくらい生活能力があるのかを評価し、生活リハビリ、適切な福祉用具の使用、日常生活での快適な姿勢作りなど、その方のニーズに合った支援を行います。

生活の質 =“寝たきりではなく、生活の中で目的とする行為を「本来行うべき空間」で行うことができる”ことを大切にしています。西村誠

 

管理栄養士 大橋

ご入居者にとって食事は暮らしの中で楽しみにされていることのひとつです。おいしく・楽しく食べて頂けることを一番に考え、食事の提供を行っています。

ご入居者の食事の様子はもちろんですが食事以外の生活の様子も観察しながら、多職種と相談し、その都度食事形態を評価しています。

また、行事食などを取り入れ、季節を食事からも感じてもらえるようにしています。

「おいしい」と最期まで笑顔で食事ができるよう、ご入居者の生活に寄り添った支援していきます。

 

歯科衛生士 石田

あおいでは、ご入居者の口腔ケアに積極的に取り組んでいます。
口の中を清潔に保つことは、健康な身体で過ごしていくことにとても大切なことだと言われています。

私たちは、ご入居者に最期まで自分の口から美味しく食事を楽しんでもらいたいと考えています。

口腔内での治療が必要な時は、歯科医師と連携を取り治療を進めていきます。
何かあった時は、ご家族様にもしっかりお伝えしご理解頂いてから進めて参りますので安心下さい。

ご入居者の小さな変化にもしっかり対応し、「あおいに来て良かった」と思ってもらえるように支援していきます。

 

ユニットリーダー研修受入担当 山田(介護福祉士・介護支援専門員)

あおいはユニットリーダー研修実地研修施設となっており、他施設の職員にユニットケアを現場で見学してもらい、自施設でどのようにユニットケアを展開できるか、を考えていただく場を提供しています。

ユニットケアとは、単なる個室を提供するユニット型という意味だけではなく、ご入居者には住み慣れた地域を感じていただきながら「心地のいい自分の居場所」となるよう支援を行います。

あおいで働く職員は、ユニットケアを実践することを通して「成長し、輝く」場であることを目指しています。

ご家族様にはご入居される方の「居場所作り」に一緒に参加して頂き、ご入居者には最期まで「自分らしい暮らしを継続できる」よう、支援を行っていきたいと考えています。

LINEで送る

あおい

TEL:0594-45-8686
aoi-hina@apatheia.jp E-mail

高齢者施設
アパティア長島苑
あおい
ひなた
ベイサイド長島
たんとんとん
ハピネスやさと
ハピネスちよだ
せんりょう万両
児童福祉施設
エスペランス四日市
児童家庭支援センターまお
エスペランス桑名
悠(はるか)
つばさ
はなまる保育所
西川保育園
西川第二保育園
障害者施設
シンシア豊川
医療法人
桑名歯科
桑名クリニック
ひらお歯科

このページの先頭に戻る